top

Project | やるね!! 広島プロジェクト

甦れパラダイスの塔

甦れパラダイスの塔

一般的にベイエリアと言うと「お洒落な観光スポット」というイメージなのにも関わらず、我ら広島の「宇品デポルトピア地区」は、同じベイエリアでありながら、素敵なデザインのモニュメント「パラダイスの塔」もあまり活かされず、さみしい場所になっています。

一般市民の「志」で、新しい観光スポットを造る運動に参加しませんか?
広島県在住、県在住以外の方々からも「志」をお待ちしております!
募金をいただいた方のお名前を「ネームプレート」に刻み、現地に残します。


築24年の「パラダイスの塔」を、一般の方々から募金を募りみんなの「志」で改修工事を行います。
皆さんの手で「パラダイスの塔」を、素敵に生まれ変わらせましょう!
募金活動や工事の進行状況等は、ブログでも紹介していく予定です。

広島県外の方もお近くにおいでの際は、是非ご自身のメモリープレートを見に来てください。
みなさま「ミッションメモリープレート募金」に、是非ともご賛同、ご協力をお願いします!

パラダイスの塔は、広島市南区宇品デポルトピア地区 波止場公園内にあります。

bg_top
タイル
bg_bottom
bg_top
タイル
bg_bottom
bg_top
タイル
bg_bottom

※現在の「パラダイスの塔」足元タイル
「パラダイスの塔」の足元の土台は、現在タイルで施工されています。
是非、みなさんの手で改修工事をしたいと考えております!

パラダイスの塔とは?

パラダイスの塔は“広島がすべてを映す光輝く都市になるように”との願いで製作され、「1989年 海と島の博覧会・ひろしま」のシンボルタワーとして用いられました、高さ43.45mもある大きなモニュメントです。
平成3年に今の場所に移設され、インフォメーションセンターが併設されました。
築24年の「パラダイスの塔」が、一般の方々の「志」で「綺麗な場所」に生まれ変わります。


製作者:アレッサンドロ・メンディーニ
「1931年ミラノ生まれ。代表作にアレッシイの「アンナG」、スタジオ・アルキミアから発表したソファ「プルースト」がある。著作も多く、評論、建築やデザインについてのポエムや絵画など幅広く活動。またカルティエ現代美術財団のコレクションも制作しており、自身の作品であるプルーストを巨大にしたものや、ポスト・モダン的な作品など、いまなお現役で活躍中のイタリアのデザイン・アートの巨匠である。